パピヨンのアトラ、ルナとのにぎやかな日々を中心につれづれに・・・。


by virago_virago

愛犬の痛みをどう見抜く??

12月2日付 朝日新聞にて
「ペットの痛み どう見抜く」という記事があった。

今までアトラはおなかが痛いときに、震えてじっとしていることが多く、
その時は医者に連れて行って、注射してもらい、薬を処方してもらうことが多かった。
場合によっては療養食も。
(最近のアトラはおなかをこわすこともなく、元気)
今まで経験のある痛みは、多分いつも一緒にいればわかると思う。
でも、経験したことのない痛みは、どうだろう?





犬の急性痛の評価基準によると・・・
レベル0〜レベル4まであり、
レベル4「持続的に鳴きわめく」
レベル3「心拍数増加」
レベル2「じっとしている」
レベル1「尾を振らない」など・・・
痛みの兆候が見られない場合はレベル0だそうだ。

多分おなかが痛いときはレベル2ぐらいだったのかな。
犬はしゃべれないし、人間の場合もそうだけど、何もしてあげられない。
アトラももう5歳。きちんと健康診断に行かないと。

今近所のワンコが「全身性エリテマトーデス」という病気になってしまって、
その子はアトラとほぼ同じ年齢・・・。
昨日は輸血したそうで、本当に頑張って欲しい(この場合頑張ってと言う言葉が正しいかどうかわからないけど)。

もっと犬の病気、痛みの研究をしてほしいなと思った。
[PR]
by virago_virago | 2005-12-03 14:21 | viragoひとりごと